2012年11月30日

ダイエットスリッパのチカラはいかに?

ダイエットスリッパを買った。( ´艸`)いまさら。

実家の母は太ってないけど、なぜかずっとご愛用で、この度履き潰したらしく
「今度また買っといて」と頼まれたので、私もついでにお揃いで購入♪

「ふくらはぎの筋肉が鍛えれるかな」というスケベ心からだ。
( ̄∇ ̄*)

日々体操もしているけど、そんなに長い事できないし(せいぜい10分)
(^▽^;)継続に意義ありということで・・・。

スリッパなら、台所仕事してる間に知らず知らずのうちに
足の運動になるならいいなと思ったし、私はスリッパ履かない派だけど
冬は床にあたる足がやっぱり冷えるから、それだけでもいいやという
くらいの気持ちでした。

でも、ネットで調べてみたら良いことがたくさん書いてありました♪


にほんブログ村


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★ダイエットスリッパの効果★

 ・足裏のツボを刺激して内臓疾患の改善が期待できる
 ・腰痛や生理痛の改善
 ・骨盤のゆがみの改善
 ・便秘の解消
 ・血行が良くなるのでむくみや肩こり、冷え性の予防
 ・下半身の筋肉を使うので脚が引き締まり、美脚効果が期待できる
 ・ウエストシェイプやヒップアップ効果

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ダイエットスリッパは踵が無いので、自然に爪先立ちになります。
爪先立ちになると自然に腹筋に力が入り、自然に腹筋運動をさせて
くれるそうです。

 ( ̄ー+ ̄)「自然に」を3回使いました。

体重が踵にかかると背筋に負担がかかり腹筋が弱くなるそうです。
そして腹筋が弱くなると全身の血行が悪くなり、体が冷えやすく
脂肪が付きやすくなります。
背筋に必要以上に負担がかかり腰痛も出やすくなるらしい。

 (^O^)血行が良くなるって嬉しい!

腹筋には大動脈が走っていて腹筋のポンプ作用で血管を刺激して
血行を促進
するのだそう。知らなかった〜♪

腹筋運動もしてるけど(←たまにあせあせ(飛び散る汗))スリッパ履いてる間に少しでも
腹筋に力が入るなら良いかも〜♪

履いてる間は常に筋肉を使っている状態になっているんだそうで
ニタニタしながら履いていますがー、これが慣れないと結構痛いのです。
土踏まずのところに盛り上がった所があって、イタいイタい。
(´Д`)初日は無理しないように少し履いては脱いだりしました。

二日目はまだ痛いけどだいぶ慣れて、長いこと履けるように。
三日目は、もう痛いのが快感に〜。(笑)


腹筋以外にも下肢の筋肉全体を使用するような立ち方、歩き方に自然に
なるので、足の血行やリンパの流れが促進され、冷え症やむくみ、だるさ、
疲れの解消に大きな効果があるということです。

「足の血行やリンパの流れが促進」 ←(^O^)良いですね〜♪


江角マキコさんも家にいる間はずっと履いているらしく、
「冷え性なのよ〜。」と言う鈴木砂羽さんに
「ダイエットスリッパがいいわよ。履いているとポカポカしてくるの。」
とTV番組中でお勧めしていたそうです♪

江角さんみたいな、美脚になれるかもです〜。(T▽T)アハハ〜!


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
↑↑↑大腸ガンカテゴリへ♪



送料無料だったのでこれの赤にしました。
色柄問いません!(⌒▽⌒)うそうそ、可愛かったです♪
4pも背が高くなって世界が変わります。( ´艸`)




posted by しづく at 11:25| Comment(2) | 低体温対策でしたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

11月の体温

11月の体温はとても安定していたし、先月より少しだけど
高くなって嬉しかった。グッド(上向き矢印)

36.4度の日が6日も有って、先月は無かった36.5度や36.6度の
日も有って、びっくりでした。

何をしたかな〜?と考えたけど、足のツボを押さえたくらし
思いつかないので、信じて毎日続けている。(笑)
一日一回しかしてないけど。(^-^;

あ、それと穀類食べたこと。
これも続けている。まぁゲン担ぎみたいなもん。
(⌒▽⌒)あはは♪

ツボのことはこの記事に書きました。→「大腸切除から今日で2年目♪」


にほんブログ村

11月平均は36.26度、3月と4月には35.5度なんて日も有ったけど
最近は35度台は無くなった。
だいぶ改善してきたのかな?この調子で維持出来たらいいなと思う。
o(*^▽^*)o 頑張ろう!

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
↑↑↑大腸ガンカテゴリへ♪








青空レストランで紹介された小浜海産物さんの雲丹醤(うにひしお)。
TVの力は恐るべし、当分買えそうもない・・・。
お気に入りに登録しておいて、来年買おう。(´Д`)


posted by しづく at 10:27| Comment(0) | 低体温対策でしたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

体温を上げる方法

「最近の臨床生理学では、日本人の平熱は36.89±0.34℃であるとされて
 いる。この体温は体の表面ではなく深層部の温度。

 深層部の温度を普通の体温計で測るには10分以上脇に挟んでおく必要が
 ある。普通は「3分計」だったら3分で測るのをやめてしまうので、
 36.5℃くらいにしか表示されない。その結果36.5℃というのが日本人の
 「平熱である」という間違った常識を生んでしまったようだ。」

という記事があった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 実際に実験してみた。(^-^*)

(ピピピ)36.2度→(5分後)36.6度→(10分後)36.7度
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今使ってる体温計は「実測式」のもの。1分くらいでブザーが鳴るが
そのままにしておくと、計測を続けてくれる。

30秒数以内に0.1度上昇しなくなったらブザーが鳴る仕組みらしい。
ブザーが鳴ってすぐと、10分後の体温は0.5度も違っていた。

最近はほとんどが電子体温計で、短時間に体温計が体温を予測して
出してくれるので、昔は少し実際の体温より高くなると言われていた
けども、そうでもないみたいな・・・。
最低5分は測った方がいいみたいだ。(←私の精神安定上わーい(嬉しい顔)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


今日は「体温を上げる方法」について調べてみた。
(以下、またいろいろ抜粋&要約)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

体温は体の表面と深層部では違っているため、本当は深層部の温度を
測らなければなりません。深層部の体温は内臓の活動に大きく影響する
からです。表面の温度が低くても、深層部の温度が正常であればなんら
問題はありません。

平熱が低い人も元気でいられるのは、じつは深層部の温度は
正常だからなのです


平均体温が1度上がると基礎代謝が10%ほど上がるだろうことは多くの
医師も考えています。また体温を上げる食品の研究も進んでいますので
それを応用すると体温が上がると思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ウォーキングなどの運動は効果があります。
また、生姜紅茶やカプサイシンが体温を上げることも報告されています。
しかし、栄養学では、体温の上昇に最も効果がある方法は、
蛋白質の摂取を多くすることだと考えられています

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

白砂糖の入った甘いものやジュース、アルコール、コーヒー、牛乳、緑茶
生野菜、南方果物、冷えた物などの体を冷やす冷性食品を控え、根菜類や
温野菜、発酵食品、色の濃い食品、未精製の物などを気をつけて摂った
うえで下記のものを追加すると良いと思います。

生姜、金時生姜、紫ウコン、梅干、たんぽぽコーヒー(エキス)、
玄米コーヒー、ココア、はぶ茶、すぎな茶、柿の葉茶、三年番茶、
梅しょう番茶は体を温める効果が強いです。ブレンドして水分補給に
すると良いです。

その他は、足裏刺激や指もみ、ヨガや下半身などのストレッチ、
足湯、半身浴、腹巻、ズボン下、5本指靴下の2枚履きなども良い
みたいです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

色には、それぞれの色のエネルギーがあります。その色の持つ
エネルギーを利用して体温を上げていくことも有効と考えます。

昔から、ふんどしはなぜ赤なのか?
それは、この赤のエネルギーを知っていたのでしょう。

チャクラカラーで大事なところを赤で健康を守ったのかもしれません。
丹田(へその下)のツボを赤で刺激することで、気の流れが良くなる
という説もあります。

いずれにしても、暖色系の赤やオレンジといった色が、あたたかい
エネルギーを持ち、体をより一層暖めてくれます。

色の力も借りて、体温を上げましょう。
下着や洋服も、明るい色を選びましょう。

 ( ̄− ̄)私はずーっと、いつもブルー系だからダメなのかな?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

低体温の主な原因・改善方法には、次のようなものがあります。

■湯船につからず、シャワーだけで済ませてしまう
 → 湯船につかることで、体を温めることができます。半身浴は体を
 芯から温める効果があるので、特におススメです。

■サイズの合っていない下着をつけている(締め付けすぎている)
 → 体に合ったサイズのものを身につけましょう。

■運動不足・筋肉量が不足している
 → 筋肉量の低下は、血流の悪化を招いて低体温の原因になります。
 基礎代謝UPにも、低体温の改善にも、運動をして筋肉量を維持する
 ことは大切なんです。

■不規則な生活習慣・過度のストレス
 → 不規則な生活習慣やストレスは、ホルモンバランスや自律神経を
 乱し、低体温の原因となってしまいます。規則正しい生活とこまめな
 ストレス解消を心がけましょう。

■スイーツや冷たいものを多く食べている
 → 甘いものや冷たいものは、体を冷やす原因になってしまいます。
 特に暑い季節には、冷たいものが欲しくなりますが、食べ過ぎには
 気をつけましょう。

■冷房のつけすぎ
 → 冷房をつけすぎていると、体を冷やす原因になります。体感温度を
 低くする工夫をすると良いでしょう。冷房ではなく除湿で対処する
 ことも、低体温の改善に効果的です。

■朝食を食べない
 → 朝食には、眠っている間に低下した体温を上昇させる効果があります。
 朝食欲のない人も、少しでも口にするだけで体温には違いが出てきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

褐色脂肪細胞の正体は簡単に言うと「体熱発生装置」。
体の中でエネルギーを消費して体温を上げるヒーターのような役割を
果たしている細胞です。

人間の体はよく使われている部分ほど活性化し、使わない部分は鈍って
いくという法則がありますから、方法としては褐色脂肪細胞に「体熱を
発生させなきゃ!」と感じさせて、働く機会を与えるのが効果的です。
それにはプールに入ること。

プールに入れないという場合は、冷水のシャワーを浴びるだけでも一定の
効果が期待できます。褐色脂肪細胞は首の後ろや肩甲骨の間、わきの下
などに集中しているので、この部分を水で冷やす事で刺激を与えるわけです。

ただし、いきなり冷水をかけたりすると心臓に大きな負担がかかります
ので、温かいシャワーから徐々に慣らしていくようにしましょう。

具体的には温水(40℃程度)から→冷水(20℃程度)、そしてまた温水
というようなサイクルで行うのが一般的な方法です。

人体には温度センサーの役割をしている「小体」という組織があり、
これを刺激するだけでも脳に「寒い」「温かい」と感じさせる事が出来ます。

特に手のひらなどには小体が密集していて神経も発達しているので、
氷や保冷材などを手に持って刺激を与えることでも褐色脂肪細胞の
活性化を促す事ができるでしょう。

 (´Д`)うぅ〜!これはしたくない・・・。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
↑↑↑大腸ガンカテゴリへ♪

今日はお友達とランチ&映画を観てきま〜す♪ ヽ(´▽`)/





( ̄− ̄)ジュニアさんご愛用の、赤い下着はほんとに効くのかな?
おへそより指2本ほど下のあたりに「丹田」という重要な箇所があり、
これを象徴する色が"赤"と言われています。
「丹田」は、全身のエネルギー発信地といわれるところで「赤い布(下着)」で
覆うことにより血行が良くなり、リラックスすると言われています。

ちょっと勇気が出ない。(^▽^;)




posted by しづく at 08:00| Comment(0) | 低体温対策でしたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。