2012年06月15日

米とぎ汁乳酸菌に挑戦!@


乳製品を禁止している私は、牛乳の代わりに豆乳を摂っているのですが
豆乳を飲むだけでなく、もっと美味しくいただけないものかと
ヨーグルトにしてみたりしているうちに、良い情報をGETしました。
(⌒▽⌒)ノ 

最初は市販のヨーグルト種菌で作っていたのですが、なんかもったいない!?
「米とぎ汁乳酸菌」ならお米のとぎ汁で出来るのでタダみたいなものです。

「米とぎ汁乳酸菌」を作ってそれを種菌にして豆乳でヨーグルトが
作れるのです。そしてそのヨーグルトを使って、チーズ風のスプレッドや
チーズケーキ風のものも作れるとあって、チーズを食べれなくなった
私は、とても夢が広がっているのです。

しかも、その「米とぎ汁乳酸菌」のパワーが凄いのです!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【 以下要約 】

「米とぎ汁乳酸菌でよ〜く発酵させた豆乳ヨーグルトを食前・食後・食間に
食べると、腸内の乳酸菌比率がグーンと高まる。
ウェルシュ菌、O157、O111といった悪質な腐敗菌は乳酸菌に食われてしまう。

腸内に乳酸菌がグーンと増えると、なぜか血中のマクロファージがグーン!
と増えるのだ。この激増したマクロファージが、体内で発生したガン細胞を
全て食い尽くすのだ。これが、ガンにならない体質だ。」

「米の一番とぎ汁をペットボトルの口のぎりぎりまでつめて、室内常温で
1週間寝かせると乳酸菌などの発酵菌が増えて、酸っぱい水になる。
臭かったら失敗。この酸っぱい水を噴霧器で霧にして吸い込む。
翌日、肺臓から放射性物質が痰(タン)となって出てくるからやってみな。」

「米とぎ汁乳酸菌の乳酸菌の数は、1cc中に、せいぜい数百万個しかいない。
いっぽう、米とぎ汁乳酸菌で豆乳を発酵させて作った豆乳ヨーグルトならば、
1cc中に何と!2億個とか3億個というケタ違いの乳酸菌数になるのだ。

この膨大な数の乳酸菌が胃酸にもめげずに小腸に達すると
2時間も経たないうちに血中にマクロファージという白血球が激増する…。
こうなれば、免疫不全にならないし、癌が発症することもなくなる!

特に乳酸菌の数が桁違いに多い豆乳ヨーグルトは、免疫力を大巾にアップ
させる。何度もいうが、免疫力は、マクロファージ(貪食細胞)と
NK細胞(リンパ球)の数が多ければ多いほどアップする。
そのためには、豆乳ヨーグルトを一日に何回も摂取することが最善だ。」

(飯山一郎氏のHPより)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■作り方♪

◆空のペットボトル
(500ml、1.5ℓ、2ℓ)最初は失敗するかもしれなので500mlにしました。

◆白米の一番とぎ汁(玄米でも良い)
 玄米の場合、水に浸けてる間に中の白米部分からデンプンが溶け出す。

◆粗塩
 500mlには5cc(小さじ1)、1.5ℓには15cc(大さじ1)
 2ℓには20cc(大さじ1と1/3)

◆黒砂糖 
 500mlには15cc(大さじ1)、1.5ℓには45cc(大さじ3)
 2ℓには60cc(大さじ4)(3ー4日後に入れる)

1.ペットボトルにロートを乗せて粗塩を入れ、コメのとぎ汁を
 口いっぱいまで入れる。
 (空気が無い方が良いという理由から。口まで入れなくても
  大丈夫というHPも有りました。作りながら考えます。)

2.蓋をしてゆっくり撹拌し、30℃〜40℃の場所に置く。
 (昼間に日光浴をさせるという方や、お風呂に入れるという方、
  いろいろです。私は炊飯ジャーの横に置いています。)

3.一日数回上下に撹拌する。

4.2〜3日後に黒砂糖を入れ撹拌する。

5.1週間くらいで出来上がるそうです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆まだ実験段階なので失敗の時も考えて、今3本有ります。

第1号 右は1日後、発酵して泡が出ています。
ペットボトルはパンパンに張っていて、キャップを開けると「プシュッ」
っと空気が抜けます。一日目が一番元気が良く、初めてキャップを開けた時は
勢いよく噴きこぼれました。
120611_1525~01.jpg 120612_1709~01.jpg


2日後、気泡が少なくなってきたので1号に黒砂糖を入れてみました。
2号には3日後に入れてみる予定。
120613_1413~01.jpg
口に含むと少し酸っぱくなっていますが、全く臭くないので順調かも。

玄米バージョンも試しにしてみましたが、あまり何も起きてないようです。
ペットボトルは張っていますが・・・。
時間をかけて水に浸けなかったからだと思います。
120613_1413~02.jpg
嫌な臭いはありません。

4日後の1号は、気泡もあまり出なくなり、落ち着いています。
だんだんと色がオレンジ色になってくると完成だそうです。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村 大腸ガンへ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

最初の数回は失敗することも有ると書いてありましたが、今の所順調です。
(まだ分かりませんが)これはマグスティックの水素水を使ったからかな?
なんて勝手に考えています。(^O^)


飯山一郎さんのコラムが載っています。
「植物性乳酸菌と光合成細菌で放射能を浄化!」

posted by しづく at 11:48| Comment(2) | 米とぎ汁乳酸菌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

米とぎ汁乳酸菌に挑戦!A 


今日の「米とぎ汁乳酸菌」
左から1号、2号、3号です。
触るとほんのり温かいのは、発酵の熱でしょうか。
120616_0832~01.jpg
1号は何度か味の確認に試飲してるので減っています。(^-^;

1号:6月11日 米とぎ汁と粗塩5gで作成、2日後に黒砂糖を加えた。
2号:6月12日 米とぎ汁と粗塩を半分にして作成、3日後に黒砂糖。
3号:6月12日 玄米のとぎ汁と粗塩半分で作成、3日後に黒砂糖。

1号と2号はすっかり落ち着いています。
昨日から一番元気なのは、玄米で作ってみた3号です。
120616_0834~01.jpg
パンパンに張って、ブクブクしています。
7〜8日で完成らしいので、月曜日が楽しみです。

これをそのままガブガブ飲むと良いらしいのですが
塩分がちょっと気になっています。
ペットボトル1本に5g入っているので。
2号からは、試験的に塩半分で作ってみました。

他には、咳っぽいとき、喉がイガイガするときなどに米とぎ汁乳酸菌を
スプレーして、喉の奥深く、肺までゆきわたるように吸引すると楽に
なり、咳がすぐにおさまってしまうそうです。
(ウイルス撃退、放射能撃退の効果)


私は豆乳に入れて、ヨーグルトにして食べたいと思っています。

米とぎ汁乳酸菌の乳酸菌の数は、1cc中に、数百万個ですが
米とぎ汁乳酸菌で豆乳を発酵させて豆乳ヨーグルトを作ると
2億個とか3億個というケタ違いの乳酸菌数になるそうです。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村 大腸ガンへ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(以下は飯山一郎氏のHPより)

この膨大な数の乳酸菌が胃酸にもめげずに小腸に達すると…、
2時間も経たないうちに血中にマクロファージという白血球が激増する…。
こうなれば、免疫不全にならないし、癌が発症することもなくなる!

特に乳酸菌の数が桁違いに多い豆乳ヨーグルトは、免疫力を大巾にアップ
させる。何度もいうが、免疫力は、マクロファージ(貪食細胞)と
NK細胞(リンパ球)の数が多ければ多いほどアップする。
そのためには、豆乳ヨーグルトを一日に何回も摂取することが最善だ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ちょっと表現的に「?」な個所もありますが(^-^; 
なんか良いことは良いような気がします。

☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆*:・°
豆乳ヨーグルトの作り方♪

◆基本は豆乳が9、米とぎ汁乳酸菌が1、オリゴ糖が2%

 これらを混ぜて常温放置して5〜6時間で完成だそうです。

※豆乳は人肌に温めてから、米とぎ汁乳酸菌とオリゴ糖を加えた方が
 早くできるらしいです。
※豆乳10:米とぎ汁乳酸菌1の方が、固めに出来るという説も有り。


◆わかりやすい作り方としては・・・

・容器に250ccの豆乳、米とぎ汁乳酸菌大さじ1、オリゴ糖小さじ1を入れ
 混ぜて常温で放置。寝る前に作って朝食べると良いと思います。
 (あとは好みで分量を調整)
☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆*:・°

オリゴ糖は作るときに入れても入れなくても、変わりは無いそうです。

ただ、「オリゴ糖は胃、小腸では分解されず、大腸・直腸に棲息する
ビフィズス菌によって分解される。つまりオリゴ糖が大腸・直腸に
来るとビフィズス菌が爆発的に増え、大腸癌、直腸癌にはならない
体質になる。」と飯山一郎氏が言われているので、豆乳ヨーグルトと
一緒に摂るのが良いということなのでしょうね。


北海道産の甜菜(さとう大根)から作ったてんさいオリゴ糖。
サトウキビは身体を冷やしますが、甜菜は身体を温めます。 

posted by しづく at 10:00| Comment(0) | 米とぎ汁乳酸菌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

米とぎ汁乳酸菌に挑戦!B


米とぎ汁乳酸菌1号を仕込んでから1週間と2日経ちました。

少しピリピリするけど、嫌な臭いは無いしどちらかと言えば
美味しいので(と言っても見本を口にしたことが無いので
何とも自分の野生の舌だけが頼りですが・・・汗)
少しずつ飲んでいます。

お腹の調子は、劇的な変化は無いです。
スプレーして鼻や口から吸ったりもしてみましたが、
特に変化なし。(笑)可もなく不可もなく。

手に付けるとしっとりしていいですね♪

で、当初の目的の「豆乳ヨーグルト」に挑戦しているのですが
固まりません。(T^T)乳酸菌液がうまく出来ていなくて
元気が無いのか?

最初はどなたもうまくいかなくて試行錯誤されているようです。

常温でダメだったので、電気製品の上に置いてみたりしましたが
上は全く液体のまま・・・。底の方が3mmくらい固まっている
感じです。失敗作も全部食べましたけど、何か?( ̄− ̄)

何とも無い私の腸が頑丈なのか?
雑菌が繁殖していない証なのか?

謎のままですが・・・。ついにオーブンの「発酵機能」を
利用して8時間くらい放置してみました。
(8時間つけっぱなしでなく、余熱を利用しながら)

・・・が、固まらない。(ーー;)

ヨーグルトメーカーがいるかな〜。
ケフィア倶楽部の「くるみちゃん」なら有るけど
これは25℃くらいだからダメだもんね〜。

もうしばらく、試行錯誤してみます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村へ♪




posted by しづく at 15:19| Comment(4) | 米とぎ汁乳酸菌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米とぎ汁乳酸菌に挑戦!B´


豆乳ヨーグルトですが・・・。
あれから再度2時間ほど、オーブンの「発酵」に入れておいたら

なんと!固まっていました〜!ヽ(´▽`)/ わーぃ♪

120620_2100~01.jpg
フンワリ、フルフルです♪温度が重要なようです。(*^▽^*)
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村の大腸ガンへ♪

さっそく温かいまま、ハチミツをかけていただきました。
柔らかくてフワフワで美味しかったです♪揺れるハート

うちでできた乳酸菌で豆乳ヨーグルトが食べれるなんて
うそみたいです。(*´∇`*)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 ■6/22追記

この日から毎日、朝仕込んで夕食後に食べるようにしました。
最初に豆乳をひと肌くらいに温めてから、乳酸菌液を入れて
作ると早く固まります。

出来た豆乳ヨーグルトをスプーン半分ほど入れると
もっと早く出来ましたが、これは雑菌混入に注意です。

あまり酸っぱくなく、ヨーグルトっぽくないので
クエン酸をほんの少し入れたら、それらしくなって
いっそう美味しくなりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
米とぎ汁乳酸菌の乳酸菌の数は、1cc中に、せいぜい数百万個しかいない。
いっぽう、米とぎ汁乳酸菌で豆乳を発酵させて豆乳ヨーグルトをつくり、
それがピリピリ・シュワシュワの酸っぱい豆乳ヨーグルトならば、
1cc中に何と!2億個とか3億個というケタ違いの乳酸菌数になるのだ。

この膨大な数の乳酸菌が胃酸にもめげずに小腸に達すると、2時間も
経たないうちに血中にマクロファージという白血球が激増する。
こうなれば、免疫不全にならないし、癌が発症することもなくなる!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

↑↑↑この飯山一郎さんの文章を読んで、作った豆乳ヨーグルトを
食べると、ほんとに白血球がグググーンと増えたような気になります。
(*´∇`*)

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
↑↑↑にほんブログ村 大腸ガンブログへ♪





posted by しづく at 21:59| Comment(0) | 米とぎ汁乳酸菌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

米とぎ汁乳酸菌ヨーグルトの発酵場所


米とぎ汁乳酸菌ヨーグルトを作るのにオーブンの発酵機能を使っていましたが、
10時間もオーブンをつけっぱなしというのもどうかな・・・と、
あれこれ考えていた今日この頃。

(*^▽^*)ひらめき
ふと、入院の時に買ったマグボトルを思い出した。
あのマグボトルの保温はハンパ無かったので、もしかして中で
保温されてヨーグルトになるのでは?と思いついた。

さっそく実験!

 1.まずマグボトルいっぱいに熱湯を注ぎ、殺菌ボトルを温める。
 (一石二鳥ぴかぴか(新しい)

 2.5分ほど放置して温まったら、少し熱めにした豆乳をボトルへ入れて
  米とぎ汁乳酸菌液を入れる。

 3.蓋をして放置開始!

一晩して見てみたら、全然固まっていなかった。
失敗だ。(´Д`)

2回目!!

 もしかして、豆乳を熱くしすぎて乳酸菌が耐えれなかったのかな?
 と思い、今度はいつも通りひと肌に温めた豆乳で挑戦。

・・・ダメでした。マグボトル作戦は諦めました。orz

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
↑↑↑ 大腸ガンへ♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ではでは、今は気温が高いからベランダに置いてみようかと
思ったけど、ちょっと日光が当たるのはどうかな?と思い
DVDデッキの上に置いてみることに。

以前そうした時に、下の5mm位だけ固まったのを思い出して
上にカバーをして全体を温めてみることにした!
(⌒▽⌒)実験開始!

プラスチックのカバーだとちょっと隙間が出来たので
ハンドタオルをお布団みたいにかけてみた。

お昼の12時半に置いて、夜の10時に見てみたら・・・。
ヽ(´▽`)/ きれいに固まってる!わーぃ♪

さっそく頂きました。(*´▽`*)

今日も置いてみて何時間で固まるか調べます〜。

 (2012.7.28追記)
 5時間で緩めだけど、固まっていました。
 7時間もすれば完璧。冷蔵庫で冷やすとさらにしっかり固まるので。



*・゜゜・*:.。..。.:*・゜*・゜゜・*:.。..。.:*・゜*・゜゜・*:.。..。.:*・

 2012.12.5 追記

その後炊飯器の上(保温時)に置いておくと、一晩で良い感じに固まる
ようになったので、気を良くして作っていましたが、寒くなってきて、
半日置いても固まらない日が出てきました。

そこで思い切ってヨーグルトメーカーを購入しました。
なぜ「思い切って」かというと、このヨーグルトメーカーの温度が
米とぎ汁乳酸菌の発酵する温度かどうか分からなかったからです。

(´Д`)だから一番安いのを買ってみました。賭けです(笑)。
温度が合わず全然ダメだったら、ポイだから・・・。

スイッチもコンセントの抜き差しだけで、タイマーも何も無い
シンプルな(笑)ただ温かいだけの器械です♪

 ↓↓↓これにしました。


そしたら大当たりで、ヽ(´▽`)/ その日の気温にもよるのですが
8時間前後で真冬の寒い日でもちゃーんとフルフルにキレイに固まってくれます。

ストレスフリーになって、快適です。
一度に作る量も増やして500ccずつ作れるようになりました♪

1リットルの牛乳パックで作るタイプですが、100円ショップで
売っている700ccのプラスティックケースがちょうどはまるので
2個準備して、交代で作っています!
もっと早く買えば良かったーって思います。 (*´∇`*)




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by しづく at 10:33| Comment(0) | 米とぎ汁乳酸菌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする