2017年11月08日

糖質はどう?とガン患者が増え続けるのは現代の食事情では?


昨日、衝動的にバナナケーキを焼いた。

 bnn.jpg 


糖質をぼちぼち控えている。(いきなり矛盾(笑))

 ( ̄− ̄)これまで糖質控えても、自分のガンの成長には
     これといって変化は無かった・・・。


なので、少々は控えながらも、少々は食べている。
Σ\( ̄ー ̄;)なんのこっちゃ!?

気持ちと食欲は裏腹?

いや・・・そうじゃなく、糖質制限に対して完璧に「これだ!」って
気持ちが無いことが原因だ。ブドウ糖を断つことはガンの成長を
抑えるってのは理にかなっていると思う反面、本当に糖質を
摂らないことは良いことなのか?
と思うこともあって。( →_→)疑。

なのでフラフラ揺れ動いて、食べるのやめたり、食べたりしている。

 ( ̄− ̄)だから効かないと言われると返す言葉は無い。


だけど、やっぱし日本人は米(白米除く)食べていいと思うんだよねー。
昔の人は米が主食だったけど「ガン」になってないもん。

ガン年齢が下がって来てるのは、やっぱり食生活と思うけど
糖質とかじゃなくて、何でもかんでも精製したり、添加物入れたり
加工したり、甘くしたりの年代になって生まれたからではないかと
最近思う。

戦時中に生きてた、私の両親くらいの人たちは90歳過ぎても
ガンになる人少ない気がする。個人的な感想だけど、少なくとも
若くしてガンにはなっていないと思う。
小中学生くらいまで、ほとんどまともに食事を摂っていなくて
「粗食」「小食」を余儀なくされていたのだから。

私たちの年代は、少し成長してから、加工食品や添加物、保存料、
色素などの入った食品やインスタント食品、ファストフードなどを
食べ始めた人間だから、40〜50代くらいでガンになる。

私たちよりもっと若い人たちは、生まれたときからそのような
食べ物がいっぱいというか、普通の食生活になっている。
なので30代とか早い人は20代でもガンになってしまうのでは?
・・・って思う。

 ( ̄− ̄)なかなか説得力なくない?


糖質のことを書こうと思っていたけど、前置きが長くなって
しまった・・・。(x_x;)また次に・・・。



にほんブログ村へ〜How Far I'll Go!


終活じゃないけど(笑)押入れの物をいっぱい捨てた。

清々した!( ´艸`)

なかなか捨てられずに置きっぱなしになっていた物を処分!

それからは、押入れを開けるたびに、何十年も(笑)着ていない
服も捨てている。靴もいっぱい捨てた!

私がいなくなった時に、子供たちに迷惑かけるからね。
( ̄∇ ̄*)


それと遅ればせながらマンションの相続登記も済ませた!(^O^)
ダンナと私の共有名義になっていたんだけど、私の名義に移行。

「素人がすると何度も法務局へ行くようになる」って、さんざん
大変な手続きみたいにいわれてたので、どんなに難しいのかと
思って行ったけど、全然難しいことなく・・・。

(・・;)すんなり完了。

こんなことなら、もっと早くしとけば良かったと、調子に乗って
うちの実家の相続登記にも手を出し(笑)、母を連れて手続きに
行き、これもあっさりと終了。父から母の名義に。

 ( ̄− ̄)「大変、大変」ってのは司法書士に
     依頼させようとする作戦なんだな。



まだまだ、いらない物が沢山あるので、思い切って捨てていこう!
必要なものだけ残して、住まいのダイエットだ〜♪( ̄0 ̄)/
















posted by しづく at 09:04| 食品関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。