2017年07月15日

「北投石」の湯があった!なーんて思っているうちは治らない?


今日は近場の温泉へ。
いちおラドン泉らしいけども、まあ、そこは分からない。
( ´艸`)

だけど、極楽、極楽
とーーーってもリラックスできて汗も出せて良かった。

ラドン泉の湯で、ジェットに逆らって歩ける所もあって、前から
「プールで歩きたい」と思っていた私の、願いも叶ったわけで。

だけど、ジェットがきつすぎて前に進めなくて(^▽^;)、これから
通って足腰鍛えるぞ!っと、やる気が出てきた。

 また、行きたい!週に一度は絶対行くー!ヽ(´▽`)/ 


で、北投石の湯があってちょっと感激。(笑)

−−−−北投石とは?−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

微量の放射能を含む「ラジウム温泉(放射能泉)」の一種である
玉川温泉の岩盤浴がガンに効果がある「放射線ホルミシス効果」が
あるのではないかと言い伝えられている。

その玉川温泉に、玉川温泉と台湾の北投温泉だけに存在すると
言われている鉱石の「北投石(ほくとうせき)」が産出された。

北投石は放射線、遠赤外線、マイナスイオンが放射されることが
発見されていて、その希少性から国の天然記念物、特別天然記念物
に指定されている。
別名「医者いらず」とも呼ばれ、自然治癒力や免疫力が上がると
言われている。

北投石の効果を求めて多くの人が、テントやゴザを引いて岩盤浴を行う
一種異様な光景が見られることで有名。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


身体に蓄積した有害物質を汗と共に排出して、様々な健康改善の
効果が期待できる
と言われているそうだ。

(^-^)ここに通う〜♪

いえ、( ̄− ̄)効能を求めてではない。
なんともリラックスできたので。

 ---------(*^ 0 ^A----------<極楽、極楽〜♪)

・・・だったので!!!!!!!!!!



にほんブログ村


・・・・・・(ーー;)。

前々から思っていたけど、ガンを治そうと玉川温泉や三朝温泉に
行っても、治らないと思うんだよね。(治る人もいるかもですが)

それから、日々、良かれと思ってしていることも同じ。

温泉に行ってガンが消えた人は、必死でガンを治そうと湯に浸かって
いたんじゃないと思う。

その人が、本当に楽しくて、嬉しくてしょうがなくって、病気の
ことも忘れるくらいに、心から喜んで、リラックスして、気持ち良く
過ごした
からじゃないかと思う。

だから温泉に限らず、海外旅行を楽しんで帰ったらガンが消えていた
という話も有るし、親や家族の看病を必死でしていたら、治っていた
という話も聞く。

要は、なんかこう〜、気持ちなんじゃないかなーと。


だから、私も「北投石の湯に入ろう!」って意気込んでいるうちは
治らないと思う。( ̄∇ ̄*)ゞ


 ( ̄− ̄;)雑念を捨てるのだ。。。

・・・と、思っているうちは、これまたダメなのだ。(笑)







同じような記事を書くのはご遠慮くださいませ。
宜しくお願い致します。m(__)m














posted by しづく at 17:51| 大腸ガン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする