2017年05月01日

腹が減ったら戦ができる!!空腹時こそ!


もう5月!w( ̄o ̄)w
ほんとに早いです!
今年も半分がすぐに終わりそう。

昨日は晩ごはんの時あまりお腹がすいていなくて、お豆腐のサラダと
手羽先を3つほどつまんで、ご馳走さまにした。

するとやっぱり21時過ぎるとお腹がすいてきた。(^-^*)
寝る前なんて、空腹の極限!(^▽^;)

 だけど、幸せを感じた〜。(´▽`)

「今、マクロファージがガン細胞を食べてくれているかも〜」
と、想像して期待する。(笑)

 免疫力は空腹時こそ強くなるのだ。( ̄‥ ̄)=3

お腹がいっぱいの状態のときは、白血球の動きが2分の1に低下すると
いわれている。満腹状態が続くと免疫力は低下したままだ。

 “o(><)o”だから腹八分目!間食もガマンの子!


空腹状態が続くと糖や栄養物が血液中で少なくなり、白血球の中の
顆粒球、リンパ球、マクロファージも同じように空腹状態になる。

空腹状態の白血球は体内に侵入してきた細菌やウイルス、そして
ガン細胞までも勢いよく食べてくれる。
「免疫力が高まっている」のだ。

動物は病気の時は何も食べないでじっとしている。
これは空腹状態によって自然治癒力を引き出すことを本能的に
知っているからだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ ↑応援ぽち♪


毎日約100万個発生すると言われているガン細胞だけど、食事療法で
断食をするとマクロファージが活発に働き、ガン細胞が減っていく
こともあるという。

貪食細胞のマクロファージがいつもお腹がいっぱいでは、悪い細胞を
食べてくれない。(免疫力が落ちている)
空腹時間を作って血液中の栄養分を少なくし、マクロファージが
一生懸命「悪いモノ」を見つけて食べるようにしてやらないといけない
というわけなのだ。

満腹状態が続いて免疫力がずっと低下したままになり、アレルギー、
自己免疫疾患、ガンなどの生活習慣病になるのではともいわれている。

攻撃にも予防にも、食事は腹八分目
空腹時間を作ることが大事だ。

そうすると免疫力が高まるだけでなく、胃や腸も休ませることが
できて、血液もきれいになる。腸も動きやすくなって便秘になり
にくく
なる。

そして、腸が喜ぶと脳も喜んで、幸せ感で満たされるように
なるんだって。

良いことがいっぱいなのだ
(= ̄∇ ̄=)

















posted by しづく at 09:24| Comment(2) | 免疫力UP♪白血球を増やすなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しづくさん、こんにちは〜😃

私も最近、少食を実践しています。
体重は5キロほど落ちました。😅
沢山食べないとダメよ❗は間違いですね。。。
Posted by papa at 2017年05月04日 12:53

papaさま♪

こんにちは〜(^-^)
GWいかがお過ごしでしょうか。

papaさんも小食実践ですね。
いいですね〜。
私も体重が戻りました。
でも時々満腹にしてしまいます。(^▽^;)

papaさんを見習って、これからも頑張ります〜。
Posted by しづく at 2017年05月05日 06:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]