2017年04月20日

最近の体調と、使い方次第で抗がん剤は効く!


最近の体調。・・・良い!!(笑)

良いと言ってもガンは確実に私の中で成長している訳であるが。
体の痛みは、ここ数日無い!!( ´艸`)

・家事も毎日普通に出来る。
・食欲もある。(食べ過ぎ注意)
・肩の関節や二の腕の痛みもほとんど無くなっている。
・下腹のポッコリも無くなった。(ケモ便秘のガスだったのか?)
・便通も毎日快調。
・髪の毛も帽子がいらないくらいまで増えた。

 素晴らしい!ヽ(´▽`)/ 

ただ、やっぱり「内臓が体の中でいっぱい」という感覚。
「息を吸い込むのがなんだか窮屈」という感覚がある。
分かるかな〜?( ̄∇ ̄*)ゞ分かるわけないか。エヘヘ♪
(だけど、これも一時期よりはマシになったような?)

今日は高濃度ビタミンC点滴はしなかった
これまで28回したけど、ちょっと休憩だ。
何が休憩か?
「血管の休憩」だ。。。(^-^)


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村へ! ↑スイッチおんっ♪(^O^)


「使い方次第で抗がん剤は効く!」
っていう梅澤充先生の本を読んだ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【 大塚北口診療所/梅澤充(うめざわ・みつる)】
1983年、慈恵医大卒業、同大大学院入学、同大学病院第二外科入局。
87年、大学院修了、医学博士号取得。同年、ノースウェスタン大学外科留学、
89年、帰国後、町田市民病院外科勤務開始。2002年、免疫治療クリニック勤務、
近畿大学腫瘍免疫研究所非常勤講師。03年、両職退職。町田胃腸病院を経て現在、
大塚北口診療所(JR山手線・大塚)を拠点に治療にあたる。日本癌治療学会会員、
日本癌学会会員。ブログ「現在のガン治療の功罪」は5年以上、ほぼ毎日更新中。

毒にも薬にもなる抗ガン剤。著者が診療してきた患者のデータをまとめ、
大量投与の標準治療は命を奪うが、少量なら副作用が少なくて効くという
ガン治療の現状を紹介する。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今、行われている十把一絡げの抗ガン剤治療ではなく、個々の患者さんの
病状、体質などによって、毎回マーカーを見ながら量を微調整したり、
薬を変えたりして少量の薬で治療をされている。

少量だからダメージ、負担も少なく、その分、長生きが出来るという。

梅澤先生のブログは大変興味深い。
 http://umezawa.blog44.fc2.com/


私もマーカー(CEA)が3桁になったことだし(^▽^;)そろそろ
ケモ再開かと思ってるので、主治医の先生に少量でしてもらえるように
頼んでみようかな〜と考えている。

その他、別の作戦も考えているけど思案中。
先生はOKとは言わないかなー?( ̄− ̄)

とにかく、5月の連休が終わったら病院へ帰る予定。
 |病院| λ............トボトボ

という訳なので、「血管を休憩」させているのだ。(笑)
















posted by しづく at 13:57| Comment(2) | 大腸ガン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
抗がん剤は正常な細胞も弱らしてしまうということですが、抗がん剤と抗がん剤の間に免疫治療を挟んで急速に正常な細胞のみサポートするという手もあるみたいです。

金銭的理由からなかなか何でも感でも試せるわけではないですが(^_^;)
Posted by 免疫 at 2017年04月21日 14:41

免疫さま♪

こんにちは(^-^*)コメントありがとうございます!

>抗がん剤と抗がん剤の間に免疫治療を挟んで

正常な細胞をサポートできているかどうかはわかりませんが
抗ガン剤をしてない間、免疫療法的なものは
していました。
アドバイスありがとうございます!!(*^▽^*)ノ

ケモを中止して5か月、やっと「あとひく」副作用から
脱出できました。
お金は随分かかりました〜♪(;´д`)トホホです。
Posted by しづく at 2017年04月21日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]