2017年04月05日

井戸端会議で放射線治療をお勧めされたので被ばくはイヤだの話


広島がん高精度放射線治療センター」っていうのが
最近注目されており。
 http://www.hiprac.com/

ちょっと前の話になるけど、私が再発ガンをずっと持っているのを
知ってる方が
「そういえば、あそこで治療して良くなったのよ、この人。
 しづくさんも行ってみたらどう?」
って勧めてくれた。

有難いですね〜。こうやって言ってくれる気持ちに関しては
とても感謝です。(-人-)ありがとうー。


かねてから極度の「放射線拒否症」の私はやんわりと

「あ〜、放射線はコワイから私は〜・・・」と言ったら

治療を受けたご本人が、何言ってんの〜みたいな明るい笑顔で

「全然、痛くもなんともないのよ!」
「え?もう終わったんですか?みたいな感じで。」
「終わったらすぐ帰れるし。そのまま仕事に行く人もいるのよ。」

 ・・・絶句( ̄− ̄)そして唖然・・・。


その方は、肺に飛んだガン細胞がキレイに治療できたと
喜んでおられたので、それは良かったなと思うのですが。
(あれ?肺だったか、肝臓だったか・・・?記憶が・・・(汗))


私はねー、被ばくが怖いのですよ。
痛くもかゆくもないって、原発事故で被ばくされた方々は、放射線を
浴びたとき痛かったでしょうか?熱かったでしょうか?

CTだって、PETだって痛くもかゆくもないし。
後から出てくる、後遺症が怖いから「コワイ」と言ったわけで。
治療がコワイと言ったわけじゃない。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村へ! ↑スイッチおんっ♪(^O^)


被ばくすると人体に何が起きるか?

人が熱を浴びるとやけどをするけど、この場合は皮膚の表面が侵される。

これに対して、被ばくの場合「物を通過する」という特性上
身体の中から細胞レベルで侵されることになる。

放射線が人体を構成する原子に当たると、原子は電離、励起され
自己の原子の共有結合を切断したり、周囲の別の分子と結合したり
することで分子に損傷を与える。


原発の事故などの急性の際は、DNAが死んでしまい細胞分裂が出来ない
状況に陥るが、単にDNAの一部に傷が付いただけという状況だと
どうなるか?

傷付いたままの不完全な細胞が、どんどん分裂し増殖していくことになり
これはガンの発生の仕組みと同じ。

白血球を作る骨髄が、放射線によって損傷し正しく機能しなくなり
正常な白血球を作れなくなった場合、異常な白血球が増え続けて
白血病となる。
広島と長崎に落とされた原子爆弾の放射能の影響で、後日たくさんの
方々が白血病になった。
これは10年後、20年後といったスパンでゆっくりと身体を蝕んでいく
「晩成の症状」というのだそう。

放射線を浴びるというのは、リスクが非常に高いのだ。


まあ、大袈裟かもしれないが、私はCTを受けるのも半年に1回と
決めているし、PETは再発した時に1度受けたけど、もう受けない。

おかしいよね。検査着を着てあのおどろおどろしい放射線注意の
マークが付いた扉に入って行くのって。
 こんな感じの〜( ̄− ̄)σ ho.JPG

CTとかは先生は、「たいした量じゃないから大丈夫^^」って言うけど。
じゃあ、そっちの部屋に避難せずに「ずっとそばにいてや」と思うし。
レントゲンごときだって、一人ぼっちにするじゃん。

注腸やイレウス管する時も、自分たちだけサンドウィッチマンみたいな
防護アイテム着けるし。( ̄− ̄)ずるいぞ。
(なーんて屁理屈は置いといて・・・)

 ■被ばく量の目安がわかりやすい図になってる
 (PET検査ネット)
 http://www.pet-net.jp/pet_html/treat/radioactivity.html

 「PET検査1回では約2.2msvで、この量は地球上で普通に生活していて
  1年間に受ける放射線の量とほぼ同じと考えられ、PET検査による
  被ばくは、人体にほとんど影響がないと言われています」
 って書いてある。「いや1年間って相当だろ」とツッコミたい。

ここでのCTが6.9とかになっていて、なんか疑わしい。(笑)

ガンの局部治療は60,000だって。
7,000〜10,000の全身被ばくで死亡。

まあ、ざっくりと目安として。

いや、線量とかはどうでもいい。

要するにケモをしては画像診断し、放射線治療をしては画像診断し・・・。
と、治療を熱心にし過ぎると、体がボロボロになってしまって
体力も免疫力も自然治癒力も弱ってしまって、本末転倒なの
ではないかと思うわけで。プチ近藤さん的な考えがぬぐえないのだ。











使い方次第で抗がん剤は効く!




posted by しづく at 07:47| Comment(2) | 大腸ガン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホメオパシー、ご存じですか?
外国などでは、代替医療として認められている国もあります。

http://blog.goo.ne.jp/homeopathy-atsuko/e/3909f305a6bb2cfc979d3d87c40f63f7

世界最大?の製薬会社ファイザーなどの総元締めは世界最大財閥、ロスチャイルド、ロックフェラーだそうです。。。
そんな彼らは薬は使わないそうです。。。
医療は製薬会社のためにあると言っても過言ではありませんね。。。

http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/6fe37655551eeee13a89bb065c3e6c2b
Posted by papa at 2017年04月08日 05:36

papaさま♪

こんにちは(^-^*)
ホメオパシーは分かります。
症状を起こすものを取り除くのが、やっぱり正しい気がします。
対症療法の薬はあまり飲みたくないですね。

私、万田酵素をもう何年も飲んでいますよ。
ガンの再発もしにくくなったデータがあったと聞いたことが
あるのですが(笑)。私には関係ないようです。
( ´艸`)

それと、製薬会社に勤めている友人に
「薬は絶対に飲むな」と言われたことがあるって
書いてあったモノを読んだことがあります。
同じ感じですね。(´Д`)
金儲けのことしか頭に無いのかって、残念に思いますね。
Posted by しづく at 2017年04月08日 16:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]