2017年03月12日

なた豆茶のチカラ(花粉症からガン予防まで)


なた豆茶を飲むと、副鼻腔炎の調子がとても良い感じになる。
私の場合だけど、実感がすごかった。

しかーし、とても頑固な副鼻腔炎で悪戦苦闘@通院している。(´Д`)
きっと長い間放置していたせいだ。
鼻がおかしくなってきた時が、ちょうどケモを始めたころで
てっきりケモの副作用だと思い込んでいたから・・・。

鼻水がダラダラと出る症状は、ケモを始めると始まって、やめると
治まっていたのだ。
なので3〜4年放置していかも。(^▽^;)完治への道のりも長そうだ。

きっとケモで鼻の粘膜が傷ついたか、炎症が起きたんじゃないかと思うよ!
 ↑↑↑とにかくケモのせいにしたい。( ´艸`)

そんな「なた豆茶」は、鼻への効果だけではなく、免疫力を上げたり、
もっと色々良いことがあるようだ。


というわけで、なた豆茶の良いことをメモしておくことに。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今から400年以上前の中国明朝時代に「本草網目(ほんそうこうもく)」
という医学バイブルにも
「なた豆」は腎を益し、元を補う植物である。
として紹介されている。
肝臓の働きを高め、身体の状態を元から整える
なた豆の力は健康志向が強まる現代でも、鼻・喉・膿のトラブルなどに
良いと医学会でも大変注目されている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

なた豆は古来より排膿の妙薬として知られており、なた豆に含まれる
有効成分の「カナバニン」が炎症を抑え膿を排出し、蓄膿症の症状を
緩和させる働きがあると言われている。また、なた豆は別名「膿取り豆」
とも言われ漢方薬としても使われている。
排濃、抗炎症、浄化、免疫力向上、血行促進などの効能があると
言われている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

なた豆に含まれる「コンカナバリンA」という成分に免疫改善作用が
あり、自身の本来持っている免疫力を正常に働かせる効果が期待できる。

更にカナバニンの抗炎症作用により、鼻水・鼻詰まりを鎮める。
コンカナバリンAとカナバニンのW効果で花粉症のアレルギー症状の
緩和
が期待できる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

なた豆の有用成分は「カナバリン」が有名ですが、実はさらに注目を
浴びている成分が「コンカナバリンA」と呼ばれる成分だ。
コンカナバリンAはガン細胞を抑制する作用があり、現在でも研究が
進められている。

マウスの実験結果を見たところ、コンカナバリンAは、毎日発生する
ガン細胞の数を減らすことで、ガンの病巣を築かせる前に破壊している。
マウスのガン細胞が次々と生み出されるイニシエーション期には、
かなりの高い確率でガン細胞の増殖を抑えることができると期待されている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

なた豆には、腎臓機能の働きに必要不可欠な「ウレアーゼ」という
酵素が豊富に含まれている為、習慣的になた豆茶を摂取する事により
腎臓機能改善の可能性がある。
腎臓機能が改善すると、むくみ解消にもつながる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

なた豆には「サポニン」が豊富に含まれている。
サポニンには、食事によって体内に吸収された糖質が脂肪へ合成され
ることを抑制する作用や、脂肪の吸収を遅らせる作用がある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ ↑応援ぽちっ♪


まとめると・・・

蓄膿症の改善、腎臓機能の健全化、花粉症の症状緩和、肥満抑制効果
肝臓機能向上、口臭・歯槽膿漏の予防、血行促進効果、手足のむくみ解消
糖尿病の進行抑制、の改善、アトピーやアレルギー症状の緩和
代謝力アップで関節痛の改善、免疫力アップでアレルギー症状を緩和
ガン細胞の増殖抑制

というところでしょうか。
これから、花粉症の季節なので、なた豆茶で少し症状が軽くなると
良いね。(私は花粉症ではないけども)(^▽^;)

でも、むくみや代謝アップ、腎機能、関節痛の改善とかは
効くとうれしいな。

そしてこのような記述も。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

なた豆には微量の「アミグダリン」と言われる毒素が含まれています。
このアミグダリンは通称シアン化水素(青酸)と言われ高い毒性があります。
では、なた豆茶を飲むことにリスクが伴うのかというとそういう事では
ありません!なた豆茶はしっかりと毒処理をした後、製品化されます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


(・_・)アミグダリンは個人的には望むところだけど、製品化した
お茶には含まれていないのかな?
ガン患者としては、すすんで摂りたい成分だけどね。

下痢気味になる人もいるようだけど、これも望むところ。(笑)
最近便秘にならないのは、これのおかげかもしれない。

私は急須で飲んでいるけど、きなこのような香りがして、とても飲み
やすい。アツアツを飲んでると、つい「おいし〜」って口からもれる。
安らぎます〜。( *´∇`)旦~~

















posted by しづく at 07:00| Comment(0) | 転移・再発予防・抗ガン食品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]