2013年10月20日

寝耳にわさび♪


最近統合医療に興味をもって、本とか読んでいる。(^-^*)
とっても共感することが多いので、これから少しずつ書いてみたい。

「統合医学で健康になる会」の会長で「ガンは5年以内に日本から消える!」
の著者である宗像久雄医師は、手術、抗がん剤、放射線治療などの
「対症療法」の力を借りながら「原因療法」でガンを治していくことを
「統合医学式ガン治療」と呼び、効果的に組み合わさせることで、
現在最も効果の高い治療法ではないかと考えておられる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ガン治療の鉄則として

 1.免疫力を下げる「対症療法」と「対症療法」は組み合わせない。

 2.根本的な解決を図るため「対症療法」だけを行ってはいけない。

 3.「栄養」「温熱」「メンタル」の3つの「原因療法」すべてを
  組み合わせる。

 としている。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

原因療法には何があるかは、またにして、まずは宗像先生の
ガンの治療法を誤らないために伝えたい3つのポイント」から。

ひとつは、ガンは不治の病ではなく治療法の選択さえ間違わなければ
治る病気であるという事実。ガンは免疫力の低下という一時的な
体調変化にすぎない。

ふたつめは、ガンには唯一の特効薬はないが、効果的な治療法の
組み合わせが有ること。栄養療法、温熱療法に対症療法を必要に応じて
足すと良い。その土台として「メンタル療法」が不可欠だと考える。
(これらの治療法にはすべてプラシーボ反応がプラスされる)

みっつめは、治療法の選択は自分で出来るということ。
治療法を選択する場合には、その場で即断せず、いろいろ聞いたうえで
自分なりにしっかり調べて決めるということ。

自分で決定しただけ自分に責任がある。その分だけ自らが望まない
人生を歩む危険性が低くなることは間違いない。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


■「寝耳にわさび」とは?

重要なことなのに、現在のガン治療では重要視されていないと
思われる項目のこと。

 ね=熱

 み=水

 み=ミネラル

 に=日光

 わ=笑い

 さ=酸素

 び=ビタミン


これらは、代替療法で良く出てくる項目ですね。
長くなりそうになって来たので、また次回からボチボチ書きます。(^-^*)


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
↑↑↑大腸ガンカテゴリへ♪










 


posted by しづく at 13:23| Comment(0) | 統合医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。