2012年11月02日

10月の体温と愕然とした発見

10月の基礎体温は先月に引き続き「低空飛行」ながら35度台は無し。
平均は36.2度だったけど、36.4度や36.5度の日も有り嬉しかった♪
(o^∇^o)

でも、お風呂上りで熱いな〜って思っているときに、ふと
「こんな時は体温はどれくらいだろう?」と思って測ってみたのが
運のつき!大焦りする事態になってしまった。

お風呂上りに熱くて、おでことか少し汗ばんだ感じだったのに
35.9度だったのだ!(´Д`)確認にもう一度はかったら35.5度!!
Σ( ̄Д ̄ノ)ノエッ!!!!こわい!何だこれ?

 もう夜遅かったから体温が下がっていたのか?
 汗かいてて、気化熱で体の表面の温度が下がっていたのか?
  (脇の下は汗ばんでなかった)
 体温計の電池が弱いのか?
 体温計壊れてるのか?(ここで息子と旦那にも測ってもらう。(笑))

それでまた、体温を上げるにはどうしたら良いのか調べてみようとして
すごい発見をしてしまった!w( ̄o ̄)w

食品には陰性と陽性があることは知っていたし、ナスや豆腐、砂糖は
冷えるとか、熱い生産地の物は冷えて、寒い生産地の物は温まる。
というくらいのことは分かっていたけども、今回じっくり品目を
見てみたら、私がガンの抑制に良いと思って食べているものが
ことごとく陰性食品であり、食べないようにしている食品に陽性食品が
多いことに気づいてしまった!

(≧▽≦)いまさらだけどー。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
体を冷やす食品は「陰性食品」と呼ぶ。過食は冷え性を招く。
冷え性の方は控え気味に。
体を温める食品は「陽性食品」と呼ぶ。適度に食べて冷え解消を目指す。
その真ん中の性質を持つ食品を「中性食品」と呼ぶ。積極的に食べるべき。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【参考資料】食物の陰陽表→ http://umedashika.net/c/in-yo.html


上の表から私が日常的に食べているものを抜粋してみると・・・

極陰性 ナス、トマト、ピーマン、ジャガイモ、キノコ類、オクラ
     ワサビ、ミョウガ、ショウガ、バナナ、レモン、コショウ
     からし、唐辛子、酢、緑茶、紅茶

強陰性 アスパラガス、長いも、にんにく、トウモロコシ、みかん
     梨、みりん、豆乳

中陰性 うどん、そうめん、豆類、ブロッコリー、もやし、白菜
     ホウレン草、豆腐、アーモンド、オリーブオイル

弱陰性 里芋、さつまいも、ネギ、小松菜、きゅうり、キャベツ
     納豆、りんご、ごま油、きな粉

中 庸 大麦、小麦、ごま、高野豆腐、栗

弱陽性 玄米、海藻類、玉ねぎ、カボチャ、大根
    
中陽性 ニンジン、ゴボウ、レンコン、サケ、サンマ

強陽性 ソバ、煮物、ジャコ、かつお節、味噌、漬物

極陽性 無し!


 ・・・愕然とする結果に。(┯_┯)
陰性は2行3行にわたるのに、陽性はちょぴっと。
バランス悪い。しかも減塩しなければと塩、醤油などはとても控えて
薄味にしていた。てか、ショウガ紅茶って一体なんだ?

しかもガン予防に良いとされるデザイナーズフーズで上位の
ニンニク、キャベツ、生姜、豆類、ブロッコリー、トマト、レモンなどが
ことごとく陰性食品だった。(ーー;)


キノコ類にいたっては極陰性!(←致命的!)

●陰性食品の特徴
基本的に陰性食品は、カリウムの含有量の多い野菜類などが属する。
カリウムを大量に含んでおり、たいへん体を冷やすといわれている。
過食は冷え性、陰性体質に陥る。

●陽性食品の特徴
体を温め、赤血球を増やす。
鉄分、タンパク質、塩分は冷え性の方は積極的に食べるべき
おすすめは味噌。タンパク質も豊富で、塩分も適度にあり、鉄分、
赤血球の生産を助けるビタミンB12を含んでいるので冷え性の特効薬
でも過食は、陽性体質に傾きすぎるのでバランスも必要。

★冷え性とは、陰性体質に偏った状態。
陽性にも陰性にも偏らない中性の食事にプラスちょっとだけ陽性を
取り入れると良い


★お酢には赤血球を破壊する力があるよう。「溶血性貧血」の原因になる。
お酢の飲用は冷え性の人間にとって自殺行為。

★生ニンニクはカリウムをたくさん含んでいて刺激が強いので、
胃腸を痛め悪循環。

など、いろんなことがわかりました。(^-^*)まあ、ほどほどに。


にほんブログ村

長くて、支離滅裂になりましたが。(⌒▽⌒)

【体温を上げるコツ】

◆陽性にも陰性にも偏らない中性の食事に、少し陽性をプラスすると良い。

◆陰性食品は食べてはいけないわけではなく、バランスを多少陽性側に
 ウエイトを置く。

◆陰性食品の過食はやめる。

◆生食は避けたくさんの水で煮る。カリウムは水と熱にたいへん弱いので
 水で煮ると溶けてしまう。それに食品自体も温まるので体が冷えにくくなる。

◆極陽性食品である食塩で漬け込む。日本古来から存在する梅干が代表。
 梅は生のままでは極陰性。しかし極陽性の塩で長い間付け込むことで、
 陰性の部分が抜けて陽性化する。
 (純粋に塩と梅だけのものを選ぶ)

◆【お手本のお献立】
 焼き魚、味噌汁、ご飯、漬物、納豆
 (おかずは少なめ、ご飯多めの粗食が良い!)

◆緑茶は陰性ですが、「三年番茶」は中性のお茶で体を温める。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

抗ガンを立てれば、体温が立たず。(ー_ー)!

たまたまですが、10月初旬からなんとなく紅茶をやめて緑茶にして
いたけど、緑茶も陰性だったー。

(´Д`)同じお茶でも「三年番茶」は中性のお茶で、カフェインも
ほとんど無く(赤ちゃんも飲める)身体を温めてくれるお茶だそう。
味もほうじ茶みたいに美味しく冷え症の方も調子が良いとレビューが
とても良かったので↓↓↓さっそく購入ポチしてみました。
ムソー 有機 無双番茶 ティーバッグ
届くのが待ち遠しいです♪

この冬は温かい三年番茶を飲んで、暖まりたいと思います。
(*´∇`*)

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
↑↑↑大腸ガンカテゴリへ♪

まだ書きたいけど、長くなったのでまた今度。あせあせ(飛び散る汗)





●有機JAS認定商品で、手軽で使いやすい、ティーバッグ(無漂白紙)タイプ。
●煮出しても、急須でも、冷水でもOK。






posted by しづく at 09:29| Comment(4) | 低体温対策でしたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はどちらかというと平熱が高めなので、
あまり食物の陰性・陽性は、自分が食べるという点では
気にしたことがないのですが、
食物って、栄養素だけでなく体を温めるとか
冷やすとか、そういう特性があるのは興味深い。
アーユルベーダも非常に面白いですよね。

ところで、私、どろっぷさんにお伝えしたいことがあるので、
もしよろしかったらメール下さい。アドレス入力しておきました。
Posted by アニー@水瓶座 at 2012年11月02日 20:23

アニー@水瓶座さま♪

平熱高くて良いですね。
羨ましいです〜。

私は体温とかこれまで測ったことあまりなかったので
いつから低体温になったのか不思議です。

入院中は一日何回も検温するけど、いつも37度台だったのに。
退院して玄米菜食始めたからかしら???
自己流で。(⌒▽⌒)あはは♪

あら、何でしょう。(^▽^;)ドキドキする。
Posted by どろっぷ at 2012年11月02日 21:46
どろっぷさんこんばんは〜!

私も、↑の結果を知って愕然としてしまいました。

私の大好物・・・見事に全部「極陰性」です。
私の一番好きなものと言えば、トマトなのですが、
こちらは大きいものだったら1日2個、
ミニトマトにいたっては一人で1パックくらい食べてしまうんです^^;

そしてキノコ類も大好き♪

でも、体温(平熱)は37.0〜37.1度くらいなんですよ。
どうしてだろう??
Posted by haru at 2012年11月02日 23:02

haruさま♪

おはようございます(^-^*)
コメントありがとうございます。

トマト大好きなんですね〜♪
だから健康で元気ハツラツなのかもしれませんね。

体温高い方多いのですね。
haruさんすごいです!(^O^)

きっと代謝も良くて陰性の食品を食べてもビクともしないのでしょうね。
あやかりたい、あやかりたい♪です〜。

Posted by どろっぷ at 2012年11月03日 10:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。