2012年01月31日

咳ができる喜び

3回目の手術から1か月半が経ちました。
え〜?やっと1か月半?っていう気持ちです。

ほんとに。もう半年くらい経ったような気がします。(汗)

つい先週まで、食事を摂ったら胃が激しく痛んだり
肋骨が痛かったり、横隔膜の辺りが痛かったり
横になると身体をまっすぐにして仰向け出来るまで
5分くらいかかったり・・・。

まだまだ、有ります。

横になると肝臓がどっちを向いても痛かったり。
(これは、しばらく我慢してると痛みが落ち着くので
 我慢我慢して痛くなくなるのを待っていました。)

息をたくさん吸い込むと胸の辺りが痛くて
浅い呼吸しかできなかったり。

最大の敵は咳とくしゃみ! 
「でそう・・・」って予兆が有るときは、まだはぁはぁ息をして
出さないように我慢したり、
心の準備をして、響いて痛い部分を手で押さえて
なるべく小さく咳やくしゃみをするようにコントロールできるのですが。

突然に出てくると、ほんとに痛くて泣きそうでした。

ほんとについ数日前まで・・・。


それが今日は突然の咳が出たのですが、
( ̄− ̄)痛くない。

あぁ、うれしい。(´▽`)
やっと咳やくしゃみが思い切り(まではまだ行かないけれど)
できるようになりました。

横になっても、どっちを向いても痛くなくなったし。
ほんとに、ほんとに、うれしいです。







posted by しづく at 14:54| Comment(0) | 大腸ガン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。