2018年07月13日

入院5日目の話と「痛みの原因」と今の体調。


入院5日目のお話。

痛いのと、しんどいのと、ホームシックで、落ち込みMAX。

息子と普通にラインでやりとりしていたつもりだったのに、
急に「しんどいん?」「行こうか?」って返事が来て。

 (◎-◎;)ドキ。なんで分かったのか?

するどいな。私の書いた文章見返しても、そんなに変わった所は
無いように思えるのだけど。

で、午後から面会に来てくれた。(*´艸`*)

この日は、やっぱり朝起きてからレスキューのオキノーム5mgを
もらって飲んだ。(今日からレスキューもオキノームに変更)

8時にオキシコドン10mg飲んだけど、8時半には痛くなって
ガッカリ。じっとして寝ていると1時間後くらいには落ち着いた。

やれやれ、こんな感じだったので、ラインの文面が弱気だった
のかな〜?


息子が来てくれて、なんやかんやとりとめのない話をして
「●●くん(←息子の名前)セラピー」で癒される。
私はこの子といる時が、一番ラクで、安心するのだ。

 家でも息子と話している時は、痛みを感じなく、よく笑っている。
 息子が部屋に帰ると、痛くなってくる。
 そういう不思議なことに、最近気がついて、私はこのことを
 「●●くんセラピー」と呼んでいる。(笑)



というわけで、息子が面会から帰ったら、急に痛くなって
すぐにオキノームをもらって飲んだ。

薬漬けだ〜。どんだけ〜!



にほんブログ村  ↑応援ぽっち!


痛みの原因は、動くと痛くなることから、身体を動かすことによって
痛みを誘発するのかと思っていたけど、最近はちょっと違う原因も
有るのでは?と思って来た。

精神的なことが、痛みの引き金になることが多いことに気がついたのだ。

例えば、息子が面会に来て話してる時は痛くない。
帰ると痛くなる。

息子の機嫌が悪い?疲れてる?私、迷惑かけてる?って
心配していたら痛くなる。

母が大きな声で、こっちのタイミングを無視して、意味のない
共感できないことを、どんどん話しかけてきて、急激に痛くなった
こともある。

イヤなことを上の子が言って来て、痛くなったり。

スーパーの出口で、おばちゃんたちが立ち止まって話をしていたり
して「通れないょ〜(´Д`)」と思ったら、痛くなるのだ。

これはもう、偶然じゃないよね?

だから今は、心を穏やかに保つように心がけている(笑)。
「落ち着いて、落ち着いて」「大丈夫、大丈夫」
「ゆっくり、ゆっくり」って自分に言い聞かせながら。



*・゜゜・*:.。..。.:*・゜*・゜゜・*:.。..。.:*・゜*・゜゜・*:.。..。.:*・


最近の体調は、すこぶる悪くて、とても辛い。

痛い、みぞおちの圧迫感で息苦しい。息が出来ない。

またほとんど食べれなくなった。便も出ないし、お腹もポチャポチャ
膨らんで来た。体中痛いし、息苦しいので、トイレで便を出そう!って
頑張る気持ちにもならない。

横になっていたら、痰が喉にからまって苦しい。
肺もゼーゼー喘息みたいに苦しくなることもある。

「こんなに苦しいのに、まだ生きていないといけないのだろうか?」と
考えてしまう。「もういい」って思うこともしばしば。

これ以上、息が苦しくなるのはいやだ。



↑応援クリック宜しくお願い致します。m(__)m

















posted by しづく at 07:53| 直腸癌・癌性疼痛コントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。