2018年03月11日

「痩せたね〜」と言われた&「命を救う!スゴ腕ドクター」の番組


久しぶりに顔を合わせた近所の人に「痩せたね〜」と言われた。

しかも、すっごい「気の毒〜」みたいな、眉毛を寄せて憐みの表情で!
志半ばで挫折した演劇部員のように、感情を込めた声で(笑)・・・。

 ( ̄− ̄)喧嘩売っとんか?・・・あん?

体重はガンになってから一番重いんだよ、今が。

そういえば、ケモ中は「なんかふっくらしたね」って言われたことが
あったな。(・_・)食べれなくて、今より5kgくらい痩せていた頃。

はは〜ん。なるほど。
ケモ中は顔がむくんでいたからだな。
今は体重は増えてるけど、むくみがなくなってるから頬がこけてるの
かもしれない。(〜と納得(^O^)♪)

それにしても、ガンと分かってるのにあんな顔して「痩せたね〜」
って言うなんて、どーでしょう?

ブラマヨ風に言うと「どうかしてるぜー!」って思うけどね〜。
( ´艸`)キャハハ



にほんブログ村  ↑応援ぽっち!


ここからは、番組告知。

「命を救う!スゴ腕ドクター7 〜がん治療最前線〜」
  3月15日(木) 21時00分〜22時54分 (BS朝日)

今回は、がん治療の最前線に密着。
肝臓と大腸がんのある患者にスゴ腕2人が協力して手術。
またステージ4が1になった驚きの治療法や、陽子線、抗がん剤の
最新治療も紹介。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■番組内容
今回は「国立がん研究センター東病院」のスゴ腕ドクターに密着。
増加するがん患者への対応と新しいがん医療の創出を目的に1992年に
千葉県柏市に設立されたこの病院は、年間8000人を超える新患者が
かかる国内トップクラスのがん専門病院。

胃がん、大腸がんなど、がん治療最前線に迫る。

そのほか、陽子線治療、アデノウィルスを使った新薬の治験なども紹介。
進行した胃がんで手術の対象にならないケースでも、抗がん剤、放射線
治療でがんを小さくしてから手術に持っていく医師。

肛門に近い直腸がんでも、内視鏡と腹腔鏡を同時に使って肛門の機能を
温存し、神経を傷つけにくい方法で手術を行う医師。

大腸がんが肝臓に転移した場合に、肝切除をする医師と大腸がんチーム
とが同時に手術を行い、患者への負担を減らす取り組みなど、スーパー
ドクターたちの仕事ぶりは必見!
(※野球中継延長により、放送時間変更の場合があるらしい)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



「ステージ4が1になった驚きの治療法」・・・?( ̄− ̄)
また、ヘンテコリンなことを放送してくれなかったらいいけどね。

芸能人が受けた治療なんかを、まるで夢の治療法みたいに放送したり
するけど、もっと慎重に責任もって番組を作ってもらいたいものだ。


一昨日は久々に朝まで寝れた!

 ヽ(´▽`)/ わーぃ♪

昨日はやっぱり寝れなかったけど。。。(´Д`)痛くて。
この話は、また次に。



↑応援クリック宜しくお願い致しますm(__)m















posted by しづく at 20:26| 大腸ガン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。