2017年11月22日

アバスチンより副作用が強い!!と11月22日で7年目!


ホントに早いね。
看護師さんとも話したんだけど
 「ついこないだ、大晦日だったのにね」って。

 ( ̄− ̄)今年もあと1か月と8日・・・。

今年も1年、生きていた。
2015年から始めようと、ビビりながら買った5年日記も、
あと少しで3年目が埋まる。
これは、ちょっと感慨深い。

 ( ̄− ̄)思い切って10年日記にすればよかったかな?

冗談はさておき、キーボードを打つ指先が痛いのだ。
2〜3日前から指先が痛いなと思いだし・・・「そうか〜!」
サイラムザの副作用だな。(´Д`)この感覚久しぶり〜。
手の甲もチリチリ痛いし〜。

昨日は歯磨きしたら、血まみれになってしまったし、鼻水は
真っ赤っか。舌もみかんとか食べるとビリビリ痛いし、便秘も
ひどかった。

アバスチンの時は、指先は痛くならなかったし、鼻水に血が混ざる
程度で、歯茎からの出血も無かった。

 (ノД`)・゜・。あー、指痛いーーーーー!!

物がつまめない!(`□´)
サイラムザは、私にはアバスチンより副作用が強いようだ。
ケモの翌日はなーんか胃が痛かったしね。

約1週間後の下痢もなかったので、昨日我慢ならずにベンマックス2錠
飲んでしまった。すると今朝はドカーン!と・・・やっと。
しんどかった。黄門様が・・・。(ーー;)ボラギノール塗り塗り。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村へ! ↑スイッチおんっ♪(^O^)


恐るべしサイラムザ・・・。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 規制区分名称 : 劇薬
 規制区分名称 : 生物由来製品
 ラムシルマブ(遺伝子組換え)=本剤は、マウスミエローマ細胞を
         用いて製造される。製造工程の培地成分として
         ウシ血清由来成分(アルブミン)を使用している。
 効能効果=治癒切除不能な進行・再発の胃癌
      治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌
      切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

・本剤の術後補助化学療法における有効性及び安全性は確立していない。

・本剤の一次化学療法における有効性及び安全性は確立していない。

・治癒切除不能な進行・再発の胃癌の場合、本剤とパクリタキセル
 以外の抗悪性腫瘍剤との併用における有効性及び安全性は確立していない。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   (T▽T)笑っちゃうぜ。ほんまに。



・………・………・………・………・………・………・………・

で、本日11月22日は最初の大腸ガン手術から7年目。

7年経った。。。( ̄-  ̄ )ふぅ

こないだ先生が「すごいね・・・」って言われたので、私も調子に乗って
「すごいね〜^^;」ってオウム返し。
さらに「10年いけるかな〜って思ってきました」って言ってしまった。

(⌒▽⌒)アハハ!調子乗りすぎ。

指が痛いから、今日はこれでおしまい。
















posted by しづく at 08:00| 抗ガン剤治療の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。