2017年10月16日

キツくない筋トレしながら、筋力アップ&免疫力アップ!


日々、体操をしている。

 ( ̄− ̄)時々しない日もある。ww

以前はキツい筋トレや、無謀な(笑)階段上りもしていたが、
最近は自分の歳も考慮し「筋肉を鍛える、付ける、作る」という
発想は捨て、「今ある筋肉を落とさない」ことに重点をおいている。

思うに、全然運動をせずに1年を過ごしたら、かなり筋肉は痩せて
筋力も落ちるだろうけど、毎日少しでも負荷をかけて動かしていたら
1年後、2年後も、維持できるだろうと信じてやっている。

実際に下半身の筋肉を意識してやってると、1週間もすると階段を
上がるとき、全然違うのだ。軽く上がれるようになる。

このまま続けていれば、筋肉も維持できるし、筋肉が維持できれば
体温も36度台を保てる。(今は36度後半(^o^))体温が保てれば
免疫力も保てる・・・。

 ( ̄-  ̄ )頑張らねばな。・・・ゆるく。


TVで「スロートレーニング」の紹介をしていた。
 ̄ー ̄)ノ彡ブンブン腹筋や腕立てを頑張らなくても、ゆっくり
動くだけで、脳をだまして筋トレできるのだ。

普通なら筋肉に70%以上の負荷を与えないと分泌されない成長ホルモン
が、30%の負荷で、体が激しく動いたと勘違いしてしまうという
うれしい情報だ。( ´艸`)

だけど、筋トレで陥りやすいのが「三日坊主」。
そもそも、なぜ三日坊主になるのか?

身体を動かす習慣のない人が、運動をすることは非日常の行動で、
普段やらないことに対して脳は臆病」なのだそう。

なので、「新しいことを始めるというストレス」に対して、制御する
ブレーキを脳が働かせてしまい、三日坊主になるとか。

運動は継続が大事。筋肉と脳を騙しながら続けることで
体力作りができるというわけだ。

TVを見ながら座ったまま出来たり、好きな音楽を聴きながら
ダンベル持ったり、オフィスで仕事をしながら腿を上げたりと
日常の暮らしに取り入れるのがコツだそうだ!

これなら毎日できる!(^O^)・・・かも。



にほんブログ村


◆TVで紹介されたスロトレは以下のもの。

1.下半身の筋力と柔軟性アップ

 足を前後に開いて、身体は正面に向けたまま動かさず、腕を右から左へ、
 左から右へ、各3秒かけてゆっくりと振る。
 (往復1セット→1日6セット)
 腹部のインナーマッスルを刺激し、腰痛や便通の改善、ウエストを
 細くする効果が期待できる。

  〜これは下半身の可動が小さかった花屋さんのご主人への提案。
   水まきのシャワーを持って、毎日出来る運動!


2.股関節の筋力アップ

 椅子に座っている状態で膝を曲げたまま腿を3秒かけて上げ、3秒キープ。
 3秒かけて下ろす。転倒防止や、足腰の冷えの改善など。
 (片足3セットずつが目安)

  〜PCのデスクワークが多い方への提案。


3.背中、肩の筋肉強化

 腕を曲げた状態で上から3秒かけて後ろに回し、胸を開いた状態で3秒キープ。
 3〜6セット行えば猫背の予防や肩こりの改善が期待できる。
 肩甲骨を動かすイメージで。
 
  (^O^)やってみたけど、これは気持ちいい!


4.腹部のインナーマッスル強化

 お腹に手を当て、3秒かけて息を吸い3秒かけて息を吐く。
 吐くときにはお腹をできるだけへこませるが、吸う時もへこませたまま。
 (吸って吐くが1セットで、5〜6セットが目安)

 そしてお腹をへこませたまま右へ4秒、左へ4秒かけてゆっくりと
 左右に身体をねじる。
 腰痛改善やお腹周りの引き締めに。

  (^O^)これもやってみた。お腹に効きそうだけど、キツくない。
     TV見ながらいつでもできる!
 
 (^^)v これをお風呂の中で行うと、免疫力もアップするそうだ♪

ぜったい、やろう。一石二鳥だ!

ケモを始めてから、仕事を辞めて、副作用がしんどいからと
食っちゃ寝、食っちゃ寝と、グータラ生活をしていたら、
お腹の皮下脂肪が大変なことになってきたので〜。( ̄▽ ̄;)

是非とも、生活習慣に取り入れて継続していきたい。












posted by しづく at 19:21| 大腸ガン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。