2017年09月12日

好中球の能力が最高になる時間帯


食欲が止まらない・・・( ̄− ̄)。

アバスチン+トポテシン8クール・9日目。
昨日から食事も100%とれるようになった。

・・・が、しかし。(・・;)食欲が止まらない。

ていうか、ケモ中は食事の時間に十分な量がとれないので、合間に
チョコチョコと、お煎餅とか、ナッツとかつまんでいたのが
クセになったのか、間食が我慢できなくなっている。

昨日なんか、昼食後から夕飯までずっと何やらかんやら食べていた。

 ( ̄− ̄)あかん傾向だ。

通常の食事量が少ないから「痩せるよりはマシ」とか、常時ムカムカと
ツワリみたいな状態なので、「食べれば楽になるかな?」などと思い
ながらズルズル間食していたのだけど。

仕事を辞めて早1年5か月。( ̄-  ̄ )
動くことが少なくなったのに、仕事をしていた時と同じだけ
食べてしまっていた期間が半年も続いたことで・・・。

その間にお腹に、つまめるほどの脂肪が蓄積してしまっているのに。
( ̄▽ ̄;)!!でも、やめられない。

空腹の時間が作れないー。
これでは、マクロファージが働かないかも。(ーー;)

 ( ̄− ̄)今日から改めないと。(できるか?わたし)



にほんブログ村


好中球やマクロファージの貪食作用は、空腹のときこそ働きが
活発になるといわれている。

チョコレートやアイスをお腹いっぱいに食べてもらって実験すると
血糖値が上昇することによって、貪食能力は食べる前の半分
落ちたという。血糖値が高い状態だと、好中球やマクロファージも
お腹いっぱいで、病原体やガン細胞を食べる気にならないらしい。

 ( ̄− ̄)それ、わかるー。

基本の基本だけど、白血球の働きをスムーズにするには、
 ・空腹の状態をつくる
 ・運動や入浴で血流をよくする
 ・体温を上げる

血液を飢餓状態にしとかないといけない・・・。
(* ̄0 ̄*)ノ気を付けよう、気を付けよう、気を付けよう・・・。


☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★


好中球の能力が最高になる時間帯は、14時〜17時と言われている。

 ( ̄− ̄;)3時のおやつは大敵だ・・・。


ちなみに、最低になるのは夜中の2時〜5時だそう。





















posted by しづく at 08:11| 大腸ガン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

玄米と白米の炭水化物の含有量は違うのか?


ふと疑問が浮かんだ。

今でこそ「玄米神話」が崩れそうだが、ひと昔前は「ガンになったら
玄米を食べましょう」だった。本もたくさん出版されていた。

「玄米の塩むすびとお味噌汁を飲んでいれば良い」みたいな
玄米は完璧な食べ物っていう感じで・・・。

最近は玄米の害も言われるようになって、「玄米は食べちゃダメ」という
医師も現れ、私も何年も玄米とはご無沙汰になっていた。

だけど、玄米を食べながらガンを克服した方もおられるわけで。
そんなに悪いものとは思えない。

 年に1回くらい何度も書いてるけど、ガンが治った方は「この食事で
 治ったんだ」「このサプリを飲んだのが効いたんだ」「この生活習慣
 を治したから・・・」と思われているかもしれないが。
 ガン持ち7年ともなると、「治った人は何もしてなくても治ったんじゃ 
 ないのでは?」と思うようになっている。
 だって、どんなに食事を本の通りにして、サプリを摂ったり、病院の
 治療、代替療法、免疫療法をとことん頑張った方でも、悲しいけど
 治らない方はおられる。
 まあ、自分が「これだ!」と思ったことをやってみたうえでの精神的な
 ことから良い方へ転換したり、プラシーボ的な効果はあると思うから
 全然無駄ではないと思うけど。(なので私も色々やってるわけで(笑))


というわけで、玄米を食べ続けながら治った方もおられるということは
「じゃあ糖質ってどうなのよ?」って思い、「白米と玄米で糖質量は
 違うのかな?」と、素朴な疑問が浮かんだのだ。

 ( ̄− ̄)毎度、毎度しょうもない・・・。

で、調べてみたら、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■ご飯の種類別糖質量(100g中)

  赤飯 40.7g
  白米 36.7g
  玄米 34.2g
  おかゆ 15.6g

 (乾燥状態で)
  雑穀米 39.3g
  五穀米 29.9g

ガンの人はもち米はNGというのも、これで少し納得?(・_・)
もし、糖質を気を付けるなら「玄米でおかゆ」っていうのが、一番
いいかもね。ニンジン入れて、薬膳粥にして。

 ( ̄− ̄)すぐお腹すきそうだけど・・・。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



にほんブログ村


ここで、改めて最近評価が落ちてきた玄米を見直すと、やはりビタミン、
ミネラル、食物繊維がより多く含まれているので、健康面でもいろいろ
な効果が期待できそう。
(アミノ酸、鉄分、カルシウム、マグネシウム、食物繊維、ビタミンB群など)

これらのミネラルは代謝に必要なもの。
なので、体の新陳代謝がよくなるし、また食物繊維などは消化されずに、
大腸を掃除して便のかさが増えるから、便通もよくしてくれる。

酵素も多く持つので、体が作り出す消化酵素「アミラーゼ」の分泌量を
さほど増やさず、それでいてゆっくりと消化され、そのため、血糖値を
急に上げることもないなど、やっぱり良いことがあるよね。


結局ギモンだった、「炭水化物」はほぼ変わらないといった所だが、
GI値に差があることがわかった。

カロリーもさほど差がない。
白米100gは168カロリー、玄米100gは165カロリー。

今は雑穀米やもち麦を入れて、ご飯を炊いているけど次からは
玄米を混ぜて炊こうかなって気になってきた。

最近は玄米の悪い所を取って、白米と一緒に炊飯器で浸水時間なしで
炊ける玄米が出ている。「それ使ってみたい!」と楽しみにしている。
(⌒▽⌒)もうスーパーで下見してきたもんね。

















posted by しづく at 08:38| 大腸ガン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

国立がん研が患者数発表とラジオで一日中音楽が聴ける♪


国立がん研究センターが、本日発表。

2013年の1年間に新たにガンと診断された患者数は86万2452人で、
前年よりも、およそ3,000人少なかった。

男性が49万8720人、女性が36万3732人で、男性の62%、女性の
46%がガンと診断され、男性では25%、女性では16%がガンで死亡
しているとのこと。

男性は胃、肺、大腸の順に多く、女性は乳房、大腸、胃の順。

地域別では日本海側で患者数が多く、部位別では胃がんが日本海側、
肝臓がんは西日本で多いなどの結果となった。
広島県が妙に目立って、男女とも多い地域に入っていた。
どうしてだろう・・・?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
発症数が多い県(人口10万人あたり)

●胃ガン(男性) 秋田105人、新潟104人、富山102人 

  ※塩分摂取の多い地域と似通っている

●肺ガン(男性) 鳥取75人、北海道74人、香川73人

  ※喫煙率が高い地域に多く出ている

●肝臓ガン(男性) 広島35人、福岡33人、和歌山32人

  ※西日本地域にC型肝炎ウイルスが多いことが分かっている

●乳がん(女性) 広島98人、沖縄97人、東京96人

  ※大都市に多い

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


2017年のガン患者数は、過去最高の約101万4000人と予測されている。

国立がん研究センターの松田智大全国がん登録室室長は、
「ガンの発見から治療からケアという過程を経れば、確実にガンの
 死亡は下げられる」
という、何言ってんだか意味不明なコメントをしていた。

最近は医師たちが免疫治療を否定して、「うかつに信じてはいけない
と患者に注意を呼び掛けるようなこともしているので、「ガンが発見
されたら治療〜ケアまで、しっかり標準治療を・・・」ってことが
伝えたかったのかな?

とにかく日本では患者数はまだまだ、とどまることを知らず
増え続けている。



にほんブログ村


最近、ラジオNIKKEI第2を見つけてハマっている。

朝8時から23時くらいまで、ずっと音楽が流れている。
洋楽、邦楽いりまぜて。
PCにスピーカーをつけて流せば、なーんとおうちに有線放送が
流れているみたい♪ヽ(´▽`)/ 

しかも、私の年代にもうれしい洋楽がよく流れる。(笑)
リクエストも出来るから、ネットから入れてみると翌日かかった〜♪
( ´艸`)うれし〜。

スマホでも聞けるし、お勧めです。
(↑アプリがいるけど)
フルコーラス、ノンストップ♪

最近TVはぜんぜん面白くないし。
TV消して音楽流してると、落ち着くー。
(⌒▽⌒)

 ラジオNIKKEI第2 http://radiko.jp/#!/live/RN2

明日のお昼はHave You Never Been Mellowが流れるかも。
Bay city Rollersも。( ´艸`)。古すぎ?


















posted by しづく at 21:23| 大腸ガン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。