2017年06月29日

アカモクブーム・・・海藻食べよ。


アカモクはひじきの仲間の海藻で、スーパーフードの1つ。

ワカメと比較すると
 カリウム 1.6倍、
  鉄   5.2倍
 カルシウム 1.2倍

という感じで、花粉症、ダイエットに良いとブームになった。

なぜ花粉症にいいかというと、アカモクを食べると腸の免疫細胞が
刺激される
ために症状が抑えられるという。

腸の免疫細胞が刺激される」・・・このフレーズについ反応してしまう。

地方によって呼び方も様々で、
 ギバサ/秋田県
 ギンバソウ/新潟県
 ナガモ/新潟県佐渡
 ナガラモ/富山県氷見市・魚津市
 ハナタレ/島根県隠岐
 日本海沿岸新潟などでは、ジンバソウ(神馬草)、ギンバソウ(銀葉草)、
 ギバ、ギバサ、ギバソ。
 他にはガラム、ナガラモク、バチモ、ハナタレモク、マメタワラ、モク。

あんまりな呼び方もあるが、それもそのはず、アカモクは昔から
どこにでもあって、海で泳いでいたら良く足に絡みついてきて
気持ち悪かった(←子供心にm(__)m)海藻なのだ。
akamoku.JPG

なので漁師さんも、網に大量にかかったりして、いままでは邪魔者で
「ジャマモク」とか呼んでいたそうなんだけど、このブームで
いままでゴミとして捨てていたアカモクが、どんどん売れて、
300万円のトラックが買えたり、4,000万円の家を建てたりしたという
報道まで・・・。

 w( ̄o ̄)wすげー♪



にほんブログ村  ↑応援ぽっち!


食べる地域と食べない地域にくっきり分かれる海藻で、
日本海富山県、新潟県、山形県、秋田県などでは盛んに食べて
いるそうだ。

ゆでて、汁もの、お吸い物、みそ汁にしたり、テンプラなどもする
そうだが、ゆでたものを包丁でたたいて、醤油だけとか、柑橘類と
醤油、ポン酢などをかけるだけで簡単に食べれる。
この方がシンプルで美味しそう。

たたくと粘りが出てくるそうで、これも免疫力UPしそうな気がする。

ワカメやモズクよりもミネラル分が豊富で、食物繊維、
ポリフェノールも豊富
に含む。

フコイダンも含まれていて、成人病予防やアレルギー改善、
抗ガン作用等があり、抗糖尿病作用、抗腫瘍作用、抗酸化作用なども
認められているという。

まあ、海藻だから体には良いよね。
海藻食べなきゃな。



















posted by しづく at 07:50| Comment(4) | 転移・再発予防・抗ガン食品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。