2017年04月07日

昨日は体が痛くなかった(・_・)と小麦粉のこと


先週からまた体が痛くなっていて、空気を吸い込むのが苦痛だったん
だけど、不思議と昨日は全然痛くなかった。( ̄− ̄)?
今日も・・・痛くない。

なんだろうね、この日替わりの体調。

マーカーが上がったのが分かった日から、次の戦略を練っていて
( ´艸`)徐々にケモへの決意が・・・。

GW前後あたりから病院へ行ってみようかなと考え中。


着々と増えていくマーカーに心が折れて、( ´艸`)ウソウソ
耳鼻科の予約をキャンセルして薬が無くなったのに行かなかったり。
ビタミンCの点滴に行こうとしてた日でも行かずに来週にまわしたり。
家でゆっくり、まったり、ボサーっとしている。

 (^-^)ダラダラ休憩だよ〜♪


それで、今まで我慢していたパン(小麦粉)とか、お煎餅とか
甘いお菓子とか、納豆とか、いろいろ食べた〜。(^▽^;)ハハン


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ ↑応援ぽち♪


パンは美味しいよね〜。(⌒▽⌒)あはは♪
もう気が済んだから、またしばらくは食べないよ。

どうしてパンを食べないかというと、小麦粉は「腸を弱くする」、
腸に悪さをする」と言われているから。
  ↓ ↓ ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・パンやパスタには繊維が少ない

 小麦が精製される過程で胚芽部分が取り除かれるので、食物繊維が
 ほどんど失われている→ぜん動運動が起こりにくい→腸に長く
 滞在する→腸内環境が悪化

 パンやパスタを食べる時は、サラダや繊維を含むものと一緒に

・小麦の成分が腸を麻痺させる

 グルテンに含まれるオピオイドペプチドという成分が、腸に入ると
 モルフィンという物質になる→小腸から血液に入ると、麻酔薬の
 モルヒネのような作用をおこす→鎮痛効果が腸の働きを鈍らせる
 →便通に悪影響を及ぼす

・グルテンの成分が腸内のバリア機能を弱らせる

 小腸の腸壁を壊し血中に容易に有害物質を送り込ませてしまう

・カラダを冷やす

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

などなど、免疫のために元気にしておきたい腸に悪影響を与えるのが
良くないよね。


今は、朝はバナナとリンゴと人参が基本のジュースだけになったけど
以前は絶対にパンを食べていた。
それが、なんだか分からないけど、朝になったらパンが食べたくて
食べたくて
仕方が無くなっていたのだ。

きっと「小麦中毒」になっていたんだと思う。

小麦を欲する「グルテン中毒」という禁断症状があるのでは?と
研究されているらしい。
今でも無性に「パン食べたいーーー」って思う時があるもんね。

その他の症状としてあがっている「腹痛、ガス、下痢、便秘、体重増加や
減少、貧血、骨や関節痛、倦怠感
」・・・って。

(^▽^;)なんか私の症状みたいな?
(小麦粉は昔からそんなに食べてないから違うと思うけどね)
私の場合は、病気とケモのせいと思う!!!(笑)


だけど、パン、肉まん、菓子パン、総菜パン、小麦を使った揚げ物、
たこ焼きなどの粉もん、ラーメンなどの麺類、様々なパスタなどが
スーパーやコンビニに溢れている今日このごろ。

みんな小麦中毒になっているのかもしれないね。
美味しいもんな。(´Д`)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あと、ベビーリーフのことも書きたかったけど
長くなったので、またにする。


















posted by しづく at 09:49| Comment(4) | 免疫力UP♪白血球を増やすなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。