2017年02月15日

糖質制限に思うことと「PLUコード」


ガン細胞はブドウ糖を取り込む力が強い。
その特性をいかしたのが、PET検査。

ということで、糖質を制限すればガンを兵糧攻めにして退治できる
のでは?ってことで、ガン患者は糖質を制限したほうが良いという
考えがある。

高濃度ビタミンCをする時には、糖質制限をしないと全く意味が無い
とも言われる方もいる。(ガンがブドウ糖と間違えてビタミンCを取り
込み、ガン細胞が死滅するという原理から)

だけど糖質制限食の先駆者であり日本糖質制限医療普及推進協会
代表理事の江部康二医師は、糖質制限をしても「ガンをくたばらせる
までは難しいでしょう
」と言っておられる。
進行を遅らせる、活力を鈍らせるくらいの可能性はある」とは
言われているけども。

それは何故かというと、ガンの中にはブドウ糖をあまり取り込まない
ガンもあるようで、一概には言えないようだ。

そしてガン細胞はそう単純にはいかず、ガン細胞化した時に多くの
場合グルット1を獲得し、糖質制限をしても生き延びるのだという。

なので、私は今糖質を控えめにしているけど、これでガンを消滅
させようとか、小さくしようなんて考えは持っていない。
そこのところをハッキリさせておきたい。

だけど、今まで通りに糖質をどんどん摂ってるよりは、すでにある
ガンに対して進行速度が少しくらいは遅くなるかな?くらいの
期待は・・・。まあ、難しいだろうけど。(^▽^;)

でも、糖質制限をすると自然治癒力が高まるらしいので。
( ´艸`)高めたい♪
代謝が良くなり、免疫力が高まるそうだ。
(実際、腸の調子も良くなったし、のんびり免疫力から上げていく)


少し前に読んだ本に書いてあった”ある喉頭ガンの方”の話だけど、
2月くらいから症状が出てなかなか病院に行かず(?)手術が10月に
なった方がおられて。

その方は7月半ばからスーパー糖質制限(一切糖質を食べない)を
始めたのだそう。

病院には何月に行ったのかはっきりは覚えてないけど(^▽^;)
病院の先生は「あと一か月遅く来ていたらダメだったでしょう」と
言われるくらいだったと。

だけど、いざ手術をしてみたら、ほとんど進行してなくて簡単に
切除できたという話。


・・・なので進行は止められるかもしれない。
ブドウ糖をたくさん取り込む系のガンだったら?

( ̄− ̄)なんか、支離滅裂だけど。雰囲気で分かってほしい。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村へ! ↑スイッチおんっ♪(^O^)



あとPLUコードの話!(^O^)
ご存じだった?「PLUコード」。

スーパーに売っている野菜や果物に貼ってあるシールに書いてある数字。
これは果物や野菜が有機栽培なのか、化学肥料を使っているのか、
遺伝子組換えなのかを確認することができるコードが印刷してある
そうなのだ。

bana.JPG

ora.JPG

PLUコード(Price Look Up=商品価格識別番号)と呼ばれるもので
世界共通の番号らしい。つけるのは任意だからついてないのも多い。

バナナとかね柑橘類に貼ってあるシール、見てみてね。


 ■4桁のコード=化学肥料を使用

 ■頭に8が付いて5桁のもの=遺伝子組み換え作物

 ■頭に9が付いて5桁のもの=有機栽培、殺虫剤、化学肥料無しの
              オーガニック


9で始まる5桁のコードなんて、この辺に売ってるのかしら?
( ̄− ̄)探してみよう。

まあバナナは使ってるよね。というより浸かってるよね〜。(笑)
私はバナナは端っこを1センチくらいずつ、包丁で切って食べているよ。
( ̄∇ ̄*)ゞ


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村









病気が治る鼻うがい健康法 [ 堀田修 ]







posted by しづく at 14:35| Comment(6) | 食品関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。